薬剤師人気求人とそれぞれの転職事情

薬剤師のイメージを覆すドラッグストアの仕事

薬剤師のイメージを覆すドラッグストアの仕事ドラッグストアで働く難しさ病院への転職で薬剤師としての輝きを取り戻す

薬剤師たちにとっても人気が集まる求人はありますし、それぞれの転職事情はタイミングにも左右されるところがあります。
大学を卒業をしてどこに就職するかで、最初のステップを踏み出すわけですが、やはり大人気なのは病院への就職です。
それも小さな民間の病院ではなく、大きな国立の病院は、何年も医薬品を学んできた学生たちにとっても、人気の就職場所として脚光を集めていました。
その逆に人気がいまいちだったのはドラッグストアへの就職ですが、そのドラグストアへの就職をしました。
いよいよ医薬品の知識を社会で発揮できる場所だと、はじめは張り切っていたものです。
しかし実際にドラッグストア勤務になってみると、仕事内容の風向きが何か違うのです。
医薬品のそばにいて、訪れるお客さんたちの処方箋を調合したり、お薬の相談に乗るというのが、毎日の仕事だと思っていたのですが、1日のうちでやっている内容と言ったら、それ以外のことが多いのです。
日用品の商品の品出しや補充をしたり、人がいないからといって普通にレジ打ちをしたり、店内外の掃除に明け暮れたりと、およそ国家資格などは必要ない雑用ばかりの仕事になりました。
だからと言って、ドラッグストアでの収入が良いいわけでもなく、土日も働いていますし、夜は閉店の21時までですので、なんだか毎日が余計に疲れて仕方がないのです。
本当に医薬品のことだけに携わり、お薬と患者さんの架け橋となって、世の中に貢献をしたいと夢見ていたのは、就職とともに夢は消え去ることになったのです。
キラキラとした薬剤師としての仕事を夢見て、もう勉強に励んだ学生時代でしたが、実際に世の中に出てみればこんなものかと、がっかりと下絶望感さえ出てきてしまいました。